「座り」のコラム

毎日の「座り」を快適にするヒントをお届けします

腰・姿勢

冬の辛い腰痛は冷えが原因?内から外から体を温め、正しい「座り」姿勢で腰痛撃退

この記事をシェア:

冬になると、腰痛が辛くなるという人はいませんか。体が冷えて筋肉がこわばると、腰痛が悪化してしまうケースがあります。体を温める食材をとったり、温熱グッズを使ったりすることで、腰痛を和らげましょう。また「座り」の姿勢を見直してみることも大事です。腰痛撃退のための、正しい「座り」姿勢についても解説します。

なぜ、冬に体が冷えると腰痛がひどくなる?

腰痛に悩まされる人は多いですが、腰痛の原因はさまざまであり、特定するのは難しいといわれています。しかし、体の冷えが腰痛につながりやすいのは確かです。お風呂に浸かって体を温めると腰痛が楽になると感じている人は、常に体の冷えを防ぐことで、腰痛を緩和させられる可能性があります。

なぜ体が冷えると腰痛がひどくなるのでしょう。寒さを感じると、体は「熱を逃がさないようにしよう」と、筋肉を収縮させます。私たちは「寒い!」と感じると、体をギュッと縮こまらせてしまいますが、そのときまさに筋肉も縮こまり、硬くなってしまうのです。すると、筋肉と筋肉の間にある神経が圧迫され、痛みが生じます。これが、寒さによる体の痛みの正体です。

また、寒いと動くのがおっくうになり、運動不足になります。座りっぱなしの姿勢が続けば、腰に負担がかかり続けるため、ますます腰痛のもとを増やしてしまう結果に。体を温めて筋肉の硬直を和らげることと、正しい「座り」姿勢で腰に過度な負担をかけないことが、冬の腰痛予防のポイントです。

寒い冬に体を温める食材たち

まずは、血行促進などの効果により体を温める食事をとることで、腰をいたわりましょう。冬の食事に無理なく取り入れられる食材をご紹介します。

・ショウガ
ショウガの成分であるジンゲロールとショウガオールには発汗作用があり、体を温めます。生よりも加熱したほうが効果がアップするため、冬はアツアツの鍋など、汁物に加えるのがおすすめです。

・唐辛子
唐辛子に含まれるカプサイシンが、体を温め、発汗を促します。いつもの野菜炒めにプラスして、少しだけピリ辛にしてみては。また、粉末の一味唐辛子なら手軽に取り入れられます。温かいうどんやおそばにどうぞ。

・ネギ、ニンニク
ネギやニンニクに含まれるアリシンという成分に、血行促進作用があります。アリシンには抗菌作用もあるため、風邪予防にも役立ちます。さまざまな料理に、薬味としてトッピングしましょう。

・根菜類
冬に旬を迎えるレンコン、ニンジン、サトイモ、サツマイモといった根菜類は、体を温めてくれます。旬の野菜は安価になる傾向があり、かつ美味しいので、無理なく食生活に取り入れられます。煮物やおでんで活用しましょう。おやつに焼き芋もおすすめです。

冬の身体を部分的に温めるグッズを駆使しよう

腰に負担をかけない座り方をマスターしたら、さらにグッズをプラスして身体を温め、冬の腰痛を撃退しましょう。エアコンの調節が自由にできない場所でデスクワークをする人は持っておくと安心です。

・USB接続できるブランケット
電気ブランケットは、ひざ掛けとして使うだけではなく、腰元から巻いて温めましょう。使用できる電源に制限がある場合でも、USB接続機能があるものならPCにつけられて安心です。

・レッグウォーマー
冷えやすい足首を温めると、全身の血行が促進され、体全体がポカポカと温まります。レッグウォーマーならカバンの中でもかさばらず、冷えたと感じたときにサッとはけて便利です。

・フットウォーマー
特に足元が冷える職場では、電熱式のフットウォーマーも有効です。足湯のような気持ちよさで、リラックス効果もあります。

・腰用の温熱ベルト
腰に巻くサポーターベルトに、温熱機能がついている商品があります。ホッカイロのような使い捨てタイプ、磁石反応型の自己発熱タイプ、レンジで繰り返しチンして使えるカイロを仕込むタイプなど。とにかく腰を中心的に温めたい人におすすめです。

・カップウォーマー
飲み物を温かいままキープできるのが、コースター型のカップウォーマーです。USB接続機能付きのものなら、PC周りでスマートに使えます。「体が冷えたな」と気づいたときにいつでもホットドリンクを飲んで、体の内側から温めることができます。

・充電式湯たんぽ
腰、お腹、足元など、そのつど温めたいと思った箇所にあてて使えるのが湯たんぽです。オフィスで使うなら、お湯を入れなければならないタイプより、充電式がおすすめ。腰にあてる、お腹に抱える、さらに上からブランケットを敷いてコタツのようにするなど、使い方はさまざまです。

冬の腰痛は、座り方にも注意を!

寒いとどうしても運動不足になりがちです。長時間悪い姿勢で座りっぱなしでいると、さらに筋肉がこわばり、痛みを感じやすくなってしまいます。
正しい座り方をしていれば、腰に過度な負担がかかることなく、腰痛回避につながります。以下の3点を意識して座りましょう。

・椅子には深く座り、骨盤を立てる
腰に一番負担がかからないのは、「まっすぐ立っているときの上半身」の姿勢を、そのまま保つ座り方です。椅子に深く座って背もたれにお尻を突き当てて、そのままグイッと上半身を起こしましょう。すると骨盤が立ち、上半身はまっすぐ立っているときと同じ姿勢をキープできます。

・目線はまっすぐ、猫背にならない
目線を落としてしまうと前のめりになり、首だけで重い頭を支えるため、肩こりの原因になります。目線をなるべくまっすぐにし、体全体で頭を支えましょう。また、目線を落とすと肩も前へ下がってしまい、猫背になりがちです。猫背は首や肩だけではなく、腰にも負担をかけます。視線を上げれば自然と胸も開き、猫背にならないよう意識できます。

・腰を反らない
姿勢を良く見せようとして必要以上に胸を張ると、腰を反ってしまうときがあります。腰を反らせるとスタイルが良く見えるかもしれませんが、腰にはかなりの負担がかかっています。背中は背もたれに軽く沿わせる程度にするのが、腰に負担のかからない座り方です。

正しい座り方がツラいと感じるようになったら、体が座ることに疲れてきたサインです。いったん立ち上がり、伸びをする、トイレ休憩を入れるなどして動き、体をほぐしましょう。

冬も内から外から体を温め、腰痛の悪化を防ごう

腰の筋肉がこわばってしまったまま放置しておくと、血液の循環が滞り、急性腰痛(ぎっくり腰)を引き起こしてしまう危険性も高まります。冬は温かいお風呂に浸かり、体を温める食材をとって、冷えから体を守る生活を心がけるのが大事です。

さらに座るときは正しい姿勢を心がけ、寒いと感じたら積極的に温熱グッズを使えば、腰痛の回避につながります。寒い季節こそ自分の体をいたわり、「いつも体がポカポカ」の状態を維持しましょう。

正しい座り方は維持するのが難しい

座り始めは骨盤を立てた正しい座り方を意識していても、維持することが難しい、という場合もあるでしょう。骨盤を立てて座ると腰は楽になりますが、しだいにお尻が痛くなってきます。
そうすると痛くない位置に重心を移すことになり、いつの間にか身体に負荷のかかる座り方になってしまいます。特に仕事など何かに集中しているとき、気づいたらいつもの悪い姿勢になっていたというケースもあります。

この「お尻が痛い」問題を解決する最善の方法は、「座る環境」を整えることです。
例えば、椅子にクッションを置くとお尻の痛みを和らげることができます。

クッションを購入するときなるべく安価なものや、見た目重視で購入するケースもあるかと思いますが、長時間座って作業に集中し、腰痛も予防したいと考えるなら、機能性クッションがオススメです。骨盤を立てた状態を自然に維持できるよう設計されたクッションですと、長時間でも安定して座り続ることができます。さらに、座ったときにお尻にかかる圧力を分散するタイプは「お尻が痛い」問題を解決することができます。

正しい座り方をキープするために、ぜひ自分に最適な「座る環境」を作ってみてください。

自分に合ったクッションを見つけるには、実際に座って試す!

クッションは椅子の形状や、使用する人の体格・お悩みの場所によって使用感が異なります。購入する前に、実際に座って試すことをおすすめします。

エクスジェル シーティングラボ 直営店舗では、座った際の圧力測定が行える独自のサービス「シーティングナビ」を無料で体験することができます。自分の座り方のクセや特徴が一目で分かり、測定結果をもとに、より快適に座るためのポイントやおすすめのクッションを専門スタッフが提案します。

公式オンラインストアではクッション無料お試しサービス実施中。
「近くに店舗がない」「自宅で試したい」という方におすすめです。

エクスジェル クッションのラインナップはこちら

 

デスクワークにおすすめのクッション


ザ・アウル 3D ハイエスト
最も圧力がかかり、痛みの原因となる坐骨部をエクスジェルが包み込み、尾骨部から仙骨部の圧力を軽減。
もも裏もやさしく支えます。
立体形状で座った時の骨盤を正しい角度に導いて体のS字カーブをキープ。


ハグカンフィプレミアム
背中をソフトに支えながら、座面で体圧をしっかりと分散。
ダブルのサポート構造により、腰椎・仙骨・骨盤をしっかりと支えます。


まるプニ
使う場所を選ばないから、いつもの椅子も置くだけで快適に。
薄くて扱いやすく、座り続けるストレスからも長時間守り続けてくれます。


 

この記事をシェア:

EXGELオンラインストア おすすめ商品ランキング

  1. ザ・アウル 3D ハイエスト

    34,980(税込)

    立体形状で座った時の姿勢を整える

  2. ハグドライブセット

    26,400(税込)

    運転姿勢を安定させるドライブクッション

  3. 床プニ

    13,200(税込)

    床でリラックスしたい人のプニ

  4. ハグカンフィプレミアム

    44,000(税込)

    腰までエクスジェルで包み込む

     

  5. ミニプニ

    4,950(税込)

    どこへでも持ちはこべるプニ

  1. 冬の辛い腰痛は冷えが原因?内から外から体を温め、正しい「座り」姿勢で腰痛撃退