「座り」のコラム

毎日の「座り」を快適にするヒントをお届けします

腰・姿勢

デスクワークの腰痛原因は座り方にあった! 正しい座り方のポイントは頭の位置に

この記事をシェア:

モデルのような座り方、憧れますよね。
オフィスでもできれば美しく座って仕事をしたいもの。でも、その姿勢が腰痛を引き起こす原因にもなるとしたらいかがでしょうか? 20代女性でも3割以上が治療を必要とする腰痛に悩まされていることを知れば、オフィスで腰に負荷のかかる座り方を長時間続けることは、大きな問題だとわかるでしょう。
腰に優しい座り方がどのようなものか、その姿勢を維持するためにはどんな工夫が必要なのかも紹介します。
ぜひ今日から身体に負荷の少ない姿勢で座ってみてください!

その美しい座り方が腰を攻撃する!

美しい座り方をしているつもりが、腰に負荷をかけているケースがあるのを知っていますか? 「モデル座り」とも呼ばれるもので、椅子に浅く腰掛けて、背筋を伸ばして座る姿勢です。この姿勢を取ると体重を足の付け根と座骨で支えることになり、ももの裏側などに圧力がかかりやすくなるため、重心を前にして机に置いた肘で支えて圧力を分散しようとするケースが多くなります。そして重要なことは、腰が反り気味になっていることです。

この姿勢を理想的な座り方だと思っている方もいますが、よほど筋力があるケースを除いて、上体が安定しません。無理な力が腰から背中にかけてかかりやすいので、腰痛の原因になる場合もあります。

若い女性でも多くの人が腰痛に苦しんでいる

比較的、若い女性がしがちな座り姿勢であり、見た目の美しさもあって、あまり問題だと思っていないケースもあるでしょう。しかし、若いからといって悪い姿勢を続けるのは、あとあと大きな問題を生み出すことになりかねません。

日本整形外科学会プロジェクト委員会の依頼で日本リサーチセンターがまとめた「腰痛に関する全国調査」によれば、20代女性の34.8%が治療を必要とするほどの腰痛経験があります。それが30代では47.8%という数字と跳ね上がるのです。つまり30代女性の約半数が、症状の重い腰痛を経験していることになります。

 

ちなみにこうした腰痛の影響について、20代女性は7%が入院したと答えており、仕事・学校・家事を休んだ人は26.5%もいるのです。
男女含めた全年代ではありますが、治療を必要とするほどの腰痛を経験した人の3割が、腰痛を毎年繰り返していたと答えてもいます。

若い頃から腰に負荷のかかる姿勢を続けると、将来のリスクとなるのです。

 

座っている姿勢の負荷は意外に大きい

そもそも座ること自体が身体に大きな負荷になっています。というのも座っている時に足は楽になりますが、立っている時よりも腰に負担がかかるからです。スウェーデン生まれの整形外科医師であるナッケムソンの有名な論文「姿勢の変化による椎間板内圧の変化」によれば、立っているときの椎間板にかかる負荷を100%とすると、座っている姿勢は140%となるのです。ちなみに前かがみで座っているだけで185%。

座っただけで40%も負荷が増え、さらに前かがみに姿勢を変えるだけでその負荷は85%も増加することに、驚く人も多いでしょう。思っている以上に、座る姿勢は身体への負荷が大きいのです。

頭の位置で決まる身体に優しい座り方!

座る姿勢が身体に負荷をかけるといっても、座る時間を削ることはなかなかできません。事務職であれば勤務時間のほとんどを座って過ごしますし、車での移動なども座らざるを得ません。職種にもよりますが、立っている時間や寝ている時間より座っている時間が多いでしょう。

つまり座る姿勢が生活の大半を占めている現状では、座る姿勢を正すのが腰などへの負荷を減らす近道なのです。

では、身体に優しい座り方とは、どのようなものでしょうか?
その姿勢自体はそれほど難しくありません。さっそくやってみましょう!
まず椅子に深く腰掛けます。少し前かがみになり、お尻を突き出すように座ると深く腰掛けることができます。次に背もたれに沿って、上体を起こします。このとき猫背でもなく、腰を反るわけでもない位置で上体を止めるとベストな座り姿勢となります。骨格的には骨盤が立った状態となります。

 

 

ただ、反り腰が習慣化していた人は、骨盤が立った状態がわからないケースもあります。できれば、猫背と反り腰を繰り返しながら、どのポジションが座りやすい姿勢なのかを確かめてみてください。そのときに注意してもらいたいのが、頭のポジションです。猫背のときは頭が身体の中心より前にいく傾向があり、反り腰になったときは身体の重心の後ろに頭があるものです。

一般的には5kg前後といわれる頭部は重いので、それをしっかりと支えるように、背骨は緩やかなS字を描きバランスを取っています。棒の先に重りを付けて持ってみるとわかりますが、棒が真上を向いてバランスを取っているときは、それほどの重さを感じなくても、棒が横を向いているときには非常に重く感じます。
身体も同じです。頭が重心から外れると背骨や筋肉などに余計な負荷がかかってしまうのです。

 

正しい座り方は維持するのが難しい

骨盤が立った正しい座り方をしていると、背骨のS字のカーブも立っているときと同じように緩やかなカーブを描きます。問題は正しい座り方の維持が難しいことです。試してみるとわかるのですが、骨盤を立てて座ると腰には楽なのに、しだいにお尻が痛くなってくるのです。
そうなると痛くない位置に重心を移すことになり、いつの間にか身体に負荷のかかる座り方になってしまいます。特に仕事などで集中していると、気づいたらいつもの良くない姿勢になっていたというケースもあります。

こうした問題を解決する最善の方法は、椅子にクッションを置くことです。短時間お尻が痛くならないためだけならウレタンフォームのクッションなどでもいいかもしれませんが、骨盤を立てた状態を自然に維持し、腰痛も予防したいと考えるなら、長時間でも安定して座ることができ、腰をサポートする機能があるクッションが必要です。
理想とする座り方とは、座ったときにお尻にかかる圧力を分散し、骨盤の角度と脊椎のカーブを正しく保てる状態に導くことです。
そして、その姿勢を長く保つには、座っている間に無意識に繰り返される体のズレにクッションがフィットし続けることが必要になります。
それらを可能にしたのが、体圧“流動”分散という特性を持つ『エクスジェル』。
さまざまな衝撃を吸収し包み込む、ゴムを原料とした素材が、座るときに起こる「衝撃」「圧力」「ズレ」という問題をすべて解決します。

腰痛の予防に何が大切なのかを考えて、ぜひクッションを選んでみてくださいね。

この記事をシェア:

EXGELオンラインストア おすすめ商品ランキング

  1. アウルカンフィ3Dプレミアム

    33,000(税抜)

  2. ハグドライブセット

    26,400(税抜)

  3. ハグカンフィプレミアム

    44,000(税抜)

  4. アウルリハミドル

    26,400(税抜)

  5. ミニプニ

    4,950(税抜)

  1. デスクワークの腰痛原因は座り方にあった! 正しい座り方のポイントは頭の位置に