「座り」のコラム

毎日の「座り」を快適にするヒントをお届けします

腰・姿勢

産後、骨盤は歪む?座り方を正して体型・体調を元に戻そう

この記事をシェア:

産後、骨盤が歪んでしまう女性が多いことをご存じでしょうか。骨盤が歪むとさまざまな不調が現れるほか、体型にも影響してきます。骨盤の歪みを防止、改善させるためには、出産後にエクササイズなどを行うほか、座り方に注意して生活することが重要です。産後ママの健康と美しい体型を守る座り方や、セルフケアの方法について解説します。

●産後、どうして骨盤は歪む?

産後、骨盤が歪むのは、妊娠・出産によってズレてしまった骨盤の位置が元に戻らず、また子育て等により腰にさらなる負荷がかかるためです。

なぜ、妊娠・出産によって骨盤の位置がずれてしまうのでしょうか。それは妊娠中に分泌されるホルモン「リラキシン」の作用によります。リラキシンには、身体の関節や、関節を支える靱帯を緩める作用があり、これによって赤ちゃんが狭い産道を通り、無事出産となるよう準備を行います。

出産後、リラキシンの作用は収まりますが、緩んだ関節や靱帯を元に戻す筋肉量が足りていなければ、骨盤の位置はゆがんだまま。無理な体勢で授乳を行ったり、座って何時間も抱っこしたりといったことが続くため、さらに骨盤が歪んでしまうのです。

●骨盤が歪むと、こんな不調や悩みが出てくる

骨盤の歪みは、血流の低下をもたらし、以下のような不調や悩みが生じてきます。

・腰痛

・冷え性

・むくみ

・体型の変化(お尻が大きくなる)

ただでさえ育児で疲労が溜まるなか、腰の痛みや冷えに悩まされたり、見た目の変化に落ち込んだりしていては、精神的にも大きなダメージを負ってしまうでしょう。

●産後、骨盤の歪みを防ぐ座り方

授乳する、抱っこするなど、産後のママは日常生活の大半を座って過ごすことになります。過ごし方、座り方に気をつけて、骨盤の歪みを助長しないようにしましょう。

・なるべく「骨盤を立てる」ことを意識して座る

骨盤の歪みを予防するには、骨盤への負荷をなるべく少なくするのが近道。骨盤に負担をかけないためには、骨盤を立てて座ることが最も大事です。「骨盤を立てる」とは、骨盤が前にも後ろにも倒れておらず、地面と垂直になっている状態を指します。

骨盤を立てるには、椅子の背もたれにお尻をつきあてるほど深く座り、そのまま背もたれに軽く背中を這わせるようにして背筋を伸ばします。そして前を向きます。体重が、お尻の真下にある坐骨に、左右対称に乗っていることが分かるでしょう。これが「骨盤が立った」状態です。

授乳や抱っこの際は猫背になりがちです。また、赤ちゃんごと全体重をソファなどに預けてしまうと、骨盤が後傾し歪みと痛みのもとになります。なるべく骨盤が立ち、背筋が伸びた状態を意識して座りましょう。背筋を伸ばした姿勢をキープするのが辛い人は、背中と背もたれの間にクッションを置くなどして負担を和らげます。

・横座り、足組みを避ける

正座を崩し、どちらかに足を投げ出す座り方が横座りです。授乳中や抱っこのときに、ついついこの横座りを長時間してしまっていませんか。横座りは骨盤の歪みを助長させ、身体のどちらかに痛みを生じさせる原因になります。足を組んで座る姿勢も同様です。

・なるべく椅子に座り、床座りはクッションを活用して

床座りより椅子に座ったほうが、骨盤は立てやすくなります。環境が許すのであれば、なるべく椅子に座りましょう。ただ、布団の上で赤ちゃんを抱っこするなど、育児中はどうしても床座りの生活になりがち。床に座るときは、厚みのあるクッションを活用すると、骨盤を立てやすくなります。座椅子は骨盤を立てて座るのが難しいため、なるべく控えましょう。

・「ときどき立つ」ことも大事

立ち姿勢よりも座り姿勢の方が腰に負担がかかることが、科学的に証明されています。スウェーデンの整形外科であるナッケムソンの調査によれば、椅子にまっすぐ腰かけているときの椎間板への圧力は、立っているときの1.4倍です。座っている方が身体にとっては楽な気がしますが、腰にとっては良い姿勢といえないのです。ときどき立ち上がり、長時間座りっぱなしにならないよう気をつけましょう。授乳が終われば必ず立ち上がる、立ったり座ったりを繰り返して赤ちゃんをあやすなど工夫します。

●産後の骨盤をケアするエクササイズ

産後すぐにできる、骨盤周りのエクササイズは産後の「骨盤体操」などとも呼ばれ、産後衰えた骨盤周りの筋肉を鍛えることを目的としています。とくに一般的な骨盤体操の一部をご紹介します。いずれも産後すぐは無理することなく、医師や助産師に相談しつつ、自分のペースで行いましょう。

・仰向けで腰を上げるエクササイズ

仰向けになり、腕は手のひらを下にして、身体のすぐ脇に下ろします。そのまま膝を立て、足は肩幅程度に開きましょう。その後、お腹とお尻に力を入れ、息を吐きながら腰をグッと引き上げましょう。腰は、過度に反らさないよう意識します。その後、ゆっくりと腰を下ろします。一日に数回実施することで、骨盤を支えている骨盤底筋群を鍛える効果があります。

・仰向けで腰をねじるエクササイズ

前項の「仰向けで腰を上げるエクササイズ」と同じように、仰向けになり膝を立てます。右側へ両足をゆっくり倒し、その後、左側へも同様に両足をパタンと倒します。この繰り返しで、歪んだ骨盤が元の位置に戻ります。

・ドローイン

骨盤を立て、背筋を伸ばした状態で椅子に深く腰かけます。お腹をへこませながらゆっくり息を吐き、その状態を5秒から10秒キープします。その後、お腹を膨らませるように息を吸います。お腹に意識を集中させ、深呼吸することで、お腹の奥にある腹横筋を鍛えることができます。

こういったエクササイズのほか、骨盤を正しい位置に固定するベルトも出ています。さまざまなタイプがあるため、自分に合うものを検討し、なお使用上の注意点をよく確認して、正しい位置につけるのが大事です。

 

●幸せで健康なママライフを始めよう

産後は「かわいい赤ちゃんを見つめていられれば十分幸せ」と言えれば最高ですが、自身の体調や見た目に変化があると、なかなか気持ちが上向かないものです。骨盤を立てた正しい座り方やエクササイズを意識して、健康と美しい体型をキープましょう。そうすれば、心身ともに健やかな新生活が始まります。

骨盤を立たせた正しい座り方をキープするために、ぜひ自分に最適な「座る環境」を作ってみてください。

自分に合ったクッションを見つけるには、実際に座って試す!

クッションは椅子の形状や、使用する人の体格・お悩みの場所によって使用感が異なります。購入する前に、実際に座って試すことをおすすめします。

エクスジェル シーティングラボ 直営店舗では、座った際の圧力測定が行える独自のサービス「シーティングナビ」を無料で体験することができます。自分の座り方のクセや特徴が一目で分かり、測定結果をもとに、より快適に座るためのポイントやおすすめのクッションを専門スタッフが提案します。

公式オンラインストアではクッション無料お試しサービス実施中。
「近くに店舗がない」「自宅で試したい」という方におすすめです。

エクスジェル クッションのラインナップはこちら

おすすめクッション


ザ・アウル 3D ハイエスト
最も圧力がかかり、痛みの原因となる坐骨部をエクスジェルが包み込み、尾骨部から仙骨部の圧力を軽減。
もも裏もやさしく支えます。
立体形状で座った時の骨盤を正しい角度に導いて体のS字カーブをキープ。


モバイルクッションL
スリット形状で幹部や尾骨の接触や圧迫を防ぐため、痛みなく座ることができます。
400gと軽量で、付属の収納袋に入れて持ち運べます。


床プニ
適度な高さのある床プニはテレビや食事など長時間、床上で座り続けても足のしびれや膝の痛みを防ぎ、楽な姿勢で快適に過ごせます。


オザブ
沈み込みすぎない程よいやわらかさで、姿勢を安定させながらお尻の圧力を分散。
46cm×46cmの大きいサイズでどんな姿勢でもゆったり座れます。


【参考文献】

『産前・産後の筋肉&骨盤ケア』山田守寿著、現代書林

『35歳からの妊娠・出産・産後ケア』村松リカ著、現代書林

『安産力を高める骨盤ケア』上野順子著、渡部信子監修、家の光協会

この記事をシェア:

EXGELオンラインストア おすすめ商品ランキング

  1. ザ・アウル 3D ハイエスト

    34,980(税込)

    立体形状で座った時の姿勢を整える

  2. ハグドライブセット

    26,400(税込)

    運転姿勢を安定させるドライブクッション

  3. 床プニ

    13,200(税込)

    床でリラックスしたい人のプニ

  4. ハグカンフィプレミアム

    44,000(税込)

    腰までエクスジェルで包み込む

     

  5. ミニプニ

    4,950(税込)

    どこへでも持ちはこべるプニ

  1. 産後、骨盤は歪む?座り方を正して体型・体調を元に戻そう