「座り」のコラム

毎日の「座り」を快適にするヒントをお届けします

美容・健康

痔の予防や悪化防止は座り方で可能?

この記事をシェア:

日本人の3人に1人が、痔に悩んでいるといわれています。痔が悪化する原因には、生活習慣や体の冷えなどさまざまなものがありますが、デスクワークなどによる長時間の座りもその一つです。痔に良い座り方とは、どのようなものなのでしょうか。痔に長時間の座りが良くないとされる理由や、痛みを和らげたり悪化を防いだりするための座り方について解説します。

●痔の種類と主な原因

痔は、以下の3つのタイプに分けられます。

・痔核(いぼ痔)
肛門のすき間を埋めて便やガス漏れを防ぐクッションの役割をする部分が、日常生活の負担からうっ血していぼを作ってしまうのが痔核です。男女ともに最も多いのがこの痔核で、患者の半数を占めます。

・裂肛(切れ痔)
便を出すとき、肛門の皮膚が裂ける、切れるなどしてできた傷が裂肛です。硬い便を出したときなど、一時的に肛門の皮膚が裂け出血することは多くの人にあり得ますが、この傷が癒えないと慢性化します。女性の痔のうち、2番目に多いのがこの裂肛です。

・痔ろう
肛門腺の炎症によって肛門の周囲に膿がたまり、膿のトンネルができてしまうのが痔ろうです。男性の痔のうち、2番目に多いのがこの痔ろうで、下痢を繰り返す人などに多い特徴があります。

痔の根本的な原因は、どのタイプであっても、肛門周辺が炎症を起こすことです。肛門付近の炎症は、以下のような要因で起こります。

・便秘や下痢による肛門周りへの細菌感染
・疲労やストレスによる免疫力の低下
・体の冷えや長時間の同じ姿勢による血液循環の悪化

●デスクワークなどで長時間座ることは、どうして痔によくない?

長時間の座りは、お尻部分の血液循環を悪化させます。するとうっ血した状態になり、肛門部に炎症を起こしやすくなってしまうのです。また、デスクワークをしている人の多くは、エアコンの効いたオフィスで働いています。身体の冷えによって、血液循環はさらに悪化します。
長時間の同じ姿勢と、冷房のダブルパンチによって、デスクワーカーは痔を悪化させやすい環境に自ら身を置いてしまっているのです。

また、「長時間の座り」という視点でみれば、気をつけたいのはデスクワーカーに限りません。タクシードライバー、受付業務、出張などで長時間移動の多い人なども、長時間の座りにより痔を悪化させる恐れがあります。囲碁や将棋、お茶やお花といった、座ってじっくり取り組む趣味がある人も同じです。

●痔を悪化させない座り方3つのコツ

長時間の座りが痔に悪いからといって、仕事や趣味を変えることはそうそうできません。痔になってしまったら、以下の3つに意識して座りましょう。

・1時間に1度は席を立ち、歩く
まずは長時間の座りを発生させないようにしましょう。1時間の1回は席を立ちます。さらに、血流を促すため、お手洗いへ行く、飲み物をつくるなどの用事で歩くことを心がけます。

・下半身を冷やさない
冷えによる痔の悪化を防ぐため、とくに座ると血流が滞りやすい下半身は冷やさないよう心がけましょう。薄着にしないなど服装で気をつけるほか、ブランケットを腰に巻くなどして、身体の冷えを防ぎます。なお、夏でも冷たい飲み物を一気飲みするのは避け、ホットや常温の飲み物を用意しましょう。

・クッションを活用する
痔の人によくすすめられるのが、ドーナツ型に穴が開いた円座クッションです。肛門周りにクッションが当たらないため、デリケートなお尻を守ってくれます。ただ、肛門の位置をクッションの中心に合わせる必要があるため、深く腰掛けることができず骨盤が後傾する場合があります。骨盤の後継は腰痛の原因にもなるので、注意しましょう。痔をケアしつつ、長時間の着座にも対応したU字形状のジェルクッションも候補に入るでしょう。オフィス用の機能性クッションを活用する場合は、柔軟性、流動性に優れたジェルクッションがおすすめです。座ったとき、自然に体圧を分散してくれるため、お尻への負担が軽減されます。

●座り方以外で気をつけたい、痔にやさしい5つの習慣

痔の人が座り方以外で意識したいのが、以下の5つの習慣です。

・入浴で血行促進
お尻は体の中でもとくに冷えが生じやすい部分です。着替えのときなどにお尻へ手が触れれば、ヒヤッとするのがわかるでしょう。夏場でもシャワーで済ませず、入浴して血行を促進させます。ただし、痔ろうの人は入浴が症状を悪化させるケースがあるため、医師への相談が必要です。

・アルコール、タバコはほどほどに
アルコールを摂ると、肛門に炎症を起こしやすくなります。また、タバコは血管を収縮させ、冷えの原因に。どちらもリラックスできる程度にとどめましょう。

・便秘や下痢を起こしにくい食習慣を
ヨーグルトなど整腸作用のある食品を積極的に摂り、便秘や下痢を起こしにくくしましょう。

・ストレス発散の機会を設ける
ストレスによる免疫力の低下を防ぐため、発散させる機会を設けましょう。運動に取り組むなどすれば結構もよくなり一石二鳥です。ただ、激しく体を動かすと痔が悪化する恐れもあるため、医師に相談しながら行うのがベストです。

・過度な疲労をなるべく避ける
疲労もまた免疫力の低下を引き起こします。睡眠時間をきちんととり、とくに痛みが強いときは仕事などで過度な負担がかからないよう意識を。周囲の人に頼りながら、自分の体を守ります。

●座り方による痔のケアで、より生活を快適に

痔にとっては大敵といえる長時間の座り。立ち上がっての休憩を意識したり、クッションを活用したりすることで上手にケアするのが、痔でも快適に生活するコツです。食生活の改善などもあわせて行い、辛いお尻の痛みから解放されましょう。

自分に合ったクッションを見つけるには、実際に座って試す!

クッションは椅子の形状や、使用する人の体格・お悩みの場所によって使用感が異なります。購入する前に、実際に座って試すことをおすすめします。
エクスジェル シーティングラボ 直営店舗では、座った際の圧力測定が行える独自のサービス「シーティングナビ」を無料で体験することができます。自分の座り方のクセや特徴が一目で分かり、測定結果をもとに、より快適に座るためのポイントやおすすめのクッションを専門スタッフが提案します。

公式オンラインストアではクッション無料お試しサービス実施中。
「近くに店舗がない」「自宅で試したい」という方におすすめです。

エクスジェル クッションのラインナップはこちら

おすすめクッション


ザ・アウル  スタンダードU
U字型なのでお尻の中心部から後ろまで、不快な圧迫なく安心して奥までしっかり座れます。
また厚みをおさえたフラットな着座面が、安定した姿勢を自然と促します。


モバイルクッションL
スリット形状で幹部や尾骨の接触や圧迫を防ぐため、痛みなく座ることができます。
400gと軽量で、付属の収納袋に入れて持ち運べます。


この記事をシェア:

EXGELオンラインストア おすすめ商品ランキング

  1. ザ・アウル 3D ハイエスト

    34,980(税込)

    立体形状で座った時の姿勢を整える

  2. ハグドライブセット

    26,400(税込)

    運転姿勢を安定させるドライブクッション

  3. 床プニ

    13,200(税込)

    床でリラックスしたい人のプニ

  4. ハグカンフィプレミアム

    44,000(税込)

    腰までエクスジェルで包み込む

     

  5. ミニプニ

    4,950(税込)

    どこへでも持ちはこべるプニ

  1. 痔の予防や悪化防止は座り方で可能?