「座り」のコラム

毎日の「座り」を快適にするヒントをお届けします

クッションの選び方

クッションを洗うのはNG?素材別クッションのお手入れ方法

この記事をシェア:

いつもお尻の下で頑張ってくれているクッション。気がつけば、汚れていることも多いものです。綿のほか、ウレタンやジェルなど、さまざまな素材があるクッションは、実は手洗いできないものも多く、お手入れにはコツがあります。クッションのお手入れ方法を知って、いつもきれいにしておきましょう。正しくお手入れすれば、長持ちして経済的です。

まずはカバーを外し、品質表示をチェック!

クッション材のなかには洗えないものもありますが、カバーは洗えるものがほとんどです。まずはカバーを外しましょう。そして、品質表示をチェックします。取り扱いについての注意を読み、洗濯機OKか、手洗い推奨かを確認し、表記通りに洗濯を行いましょう。

カバーの品質表示には、クッション材の素材についても書かれているはずです。例えば「表地:綿100% 裏地:ポリエステル100% クッション材:ウレタンフォーム」など。カバーのお手入れ方法と、クッション材のお手入れ方法は違う場合が多いため、取り扱い表示は分けて表記されています。クッション材の取り扱い表示をチェックして、洗濯可能かどうかを確認しましょう。

ポリエステル、綿など手洗いできるクッションのお手入れ方法

ポリエステルや綿など、手洗い可能と表示されているクッション材は、おしゃれ着用洗剤を使って手洗いしましょう。乱暴に扱うと、中の綿が片寄ってしまう恐れがあるため、優しく押し洗いします。

クッションより一回り大きいたらいやバケツを用意し、たっぷりの水を注ぎます。定められた容量のおしゃれ着用洗剤を入れ、よくかき混ぜたらクッションを水の中に沈めましょう。そして、ギュッと押しては手を離すことを繰りかえします。

汚れや泡がなくなるまで何度か水を替え、すすぎ洗いをします。すすぎ終わったら、脱水機能などを使わずに、タオルでくるんで脱水しましょう。また、干すときは洗濯ピンチなどで吊るしてしまうと、下になっているほうへ内容物がずれてしまうかもしれません。専用ネットなどを使い、平干しを行います。

クッションは綿がたっぷり含まれているため、なかなか乾きにくいものです。一日では乾かないかもしれませんが、だからといって夜間も外に出しておいてはいけません。夜の湿気をたっぷり吸い、ますます乾きにくくなり、生乾きの臭いが出てきてしまう恐れがあります。夜間は室内に入れ、翌朝またベランダなどへ出しましょう。

ビーズクッションのお手入れ方法

ビーズクッションは手洗いできるものが多いですが、洗濯中に中のビーズがこぼれてしまいかねません。洗濯をする前に全体を調べ、破れやすくなっているところがないかチェックしましょう。

生地が薄くなってしまっているところがなければ、おしゃれ着用洗剤を使って押し洗いを行います。綿やポリエステルのクッションと同様に、泡や汚れがなくなるまですすぎを繰り返し、平干ししましょう。

フェザー、ダウンクッションのお手入れ方法

フェザーやダウンを使ったクッションは、洗うことができないものがほとんどです。へたってきたと感じたら、叩いて空気を含ませましょう。手のひらを使って、クッションの中へ空気を送り込むように軽く叩きます。埃が気になるようであれば、ベランダなどへ出て行うのがおすすめです。

十分に空気を含ませた後、形を整えて終了です。臭いが気になるようなら、じゅうぶんに天気のいい日を選んで数時間陰干ししましょう。ベランダの室内側など、風通しのよい日陰に吊るさず置いておきます。

また、汚れがあまりにひどい場合は、ドライクリーニングが可能かどうか、クリーニング店に相談してみてはいかがでしょうか。

ウレタンクッションのお手入れ方法

ウレタンクッションのお手入れは、少し気を遣わなければなりません。本体は基本的に洗うことができず、洗ってしまうと二度と使えなくなるケースがあるためです。ウレタンフォームは水を含ませると重くなり、また脆くなり、崩れてしまう危険があります。

ウレタンフォームを使ったクッションを手入れする基本的な方法は、洗わず干すことです。紫外線によっても素材が劣化するため、必ず風通しの良いところに、陰干しを行います。陰干しを行っても臭いが取れなければ、市販の除菌スプレーなどで対処しましょう。ただし、あまりにしっとりさせてしまうと乾くまでに時間がかかり、そのぶん生乾きの臭いが発生してしまうため、注意しなければなりません。

ジェルクッションのお手入れ方法

ジェルクッションには、洗えるものと洗えないものがあります。それぞれ、お手入れの方法をご案内します。

洗えるジェルクッションのお手入れ方法

本体に直接水をかけ、丸洗いが可能です。洗った後はタオルなどで水分を拭きとった後、風通しの良いところでよく乾かしましょう。

洗えないジェルクッションのお手入れ方法

洗えないジェルクッションの場合、もしも汚れてしまったら、水やお湯で薄めた中性洗剤を布にしみこませ、汚れた部分をふき取りましょう。臭いや汚れが気になる場合は、市販の除菌スプレーなどで消毒しましょう。消毒を行う際は、消毒剤の表示に従って希釈を行います。水や消毒剤に浸すことはできません。

適切なお手入れでクッションをクリーンに長持ちさせて

クッションは日常的に使用するものながら、本体は洗えないものが多いので、注意が必要です。カバーを取り付けて使い、汚れたときはその部分だけを中性洗剤などで拭きとることをそのつど行えば、大掛かりなケアはしなくても済みます。

また、予備のカバーを用意しておき、こまめに替えるのもおすすめです。気分転換になりますし、シーズンごとにかけかえれば、季節を意識したインテリアが可能になります。部屋の雰囲気やソファカバーなどのファブリックに合わせて、コーディネートしてみてはいかがでしょうか。

そして、お手入れしてもキレイにならなくなったら、買い替えの検討を。もし腰痛や肩こりなどに悩んでいるようなら、クッションを買い替えるときには、クッション専門店で相談してみましょう。「座り」のプロに相談したうえで、長く座るのに最適な機能性クッションに買い替えれば、体の痛みが緩和されるかもしれません。

 

エクスジェルクッション ラインナップはこちら

この記事をシェア:

EXGELオンラインストア おすすめ商品ランキング

  1. アウルカンフィ3Dプレミアム

    30,000(税抜)

    座り心地最上級!

  2. ハグドライブセット

    24,000(税抜)

    運転中の腰を守る

  3. アウルカンフィ

    14,000(税抜)

    在宅ワークに最適

  4. ハグカンフィ

    25,000(税抜)

    腰も優しくサポート

     

  5. 床プニ

    12,000(税抜)

    床座りにおすすめ

  1. クッションを洗うのはNG?素材別クッションのお手入れ方法