「座り」のコラム

毎日の「座り」を快適にするヒントをお届けします

クッションの選び方

腰痛対策 楽に座るための道具を使ってますか?

この記事をシェア:

再発しやすいぎっくり腰などは、日々の生活で予防するのが大切です。では、どんな腰痛対策をすればいいのか知っていますか? まず多くの人が見落としている重要なポイントがあります。それは座る姿勢です。1日に占める時間も多く、腰への負担も大きいのに、補助器具などを使って快適に座れるようにしようという努力をしている人が、快眠するための努力をしている人に比べると少ないのです。しかし腰の負荷を減らしたいのであれば、まず座る姿勢を改善する必要があるのです。腰痛対策にどうして座る姿勢が重要なのかを説明しながら、楽に座るための道具を紹介します。

世界で最も長く座っているのが日本人

近年、寝具にこだわる人が増えています。抱き枕をオーダーメイドする店舗などがメディアで取り上げられたりもしています。

2019年の経済協力開発機構の調査によれば、日本人の1日の平均睡眠時間は7時間22分と、世界的には最も短い時間でありながら、約3分1を寝床で過ごしていることになります。

では、ベッドや布団と同じぐらいの時間を過ごしている場所はどこでしょうか?
それは椅子です。
シドニー大学が行った調査によれば、日本人の座っている時間はサウジアラビアと並んで世界最長の7時間です。しかも、これら睡眠時間と座っている時間は平均ですので、働きざかりの年代ならば座っている時間が睡眠時間より多い人はたくさんいるでしょう。実際、早稲田大学の岡浩一朗教授の調査によれば、工場を経営する50代男性が1日に座っている時間は10時間ほどでした。デスクワークを仕事とする人でさえ、これだけの時間座っているのです。仕事中はもちろん通勤中も座り、自宅に帰ってきてからも座ってテレビを見ることで、どんどん座る時間が長くなっています。

座る姿勢は立っているより負荷がかかる

あまり知られていませんが、座る姿勢は立っているより腰に負担がかかるものです。座っているときは下半身が休んでいるのでラクに感じるのですが、腹筋や背筋を立っているときよりも使っています。

スウェーデンの整形外科であるナッケムソンの調査によれば、椅子にまっすぐ腰かけているときの椎間板への圧力は立っているときの1.4倍です。
さらに恐ろしいことに上体を少し前に傾けると、その圧力は1.86倍にもなるのです。

じつは上半身を傾ければ傾けるほど、椎間板の負荷は強くなります。まっすぐ座っているとき腰に50kgの負荷がかかっている場合、上体を30度傾ければ150kg、60度傾ければ250kg、90度傾ければ300kgと負荷は増えていくという研究結果があるほどです。結局、私たちはほとんど気づくことなく、座ることで腰に負荷をかけ続けているのです。

こうした腰への負担を減らしていくためには、背筋をしっかりと伸ばし、お尻の両側に均等に体重がのっている状態で座ることが重要になってきます。

長時間座っていると死亡リスクは1.4倍

座ることの問題点は、これだけではありません。

2012年の研究論文で、長時間座っていると死亡のリスクが1.4倍になるという報道があり、大きな話題となりました。その後、長時間座っているリスクについては、さまざまな研究が行われるようになり、肥満、2型糖尿病、高血圧、心臓病、がんとも関連があることがわかっています。また老化や心理的な悪影響を懸念する報告までだされています。

こうしたリスクを相殺する方法として、運動が有効だという研究データもあります。しかし必要な運動量は、ジョギングやテニスの練習などを1日60~75分で、週2~3回。20分程度のジョギングでさえ続けるのが難しいのに、毎日1時間以上も運動するなど社会人にとっては難しいでしょう。
そもそも座る時間が長くなってしまう大きな要因の1つは、仕事の忙しさです。ただでさえプライベートに回す時間が少なくなっているのに、そこに毎日1時間以上の運動をするためには、睡眠時間を削る結果になってしまうかもしれません。

結局、腰に負担をかけないために今すぐ簡単に実行できる方法は、できるだけ体に負荷がかからない座り姿勢を維持し、それを補助する道具を使い、かつ座っている時間を短くすることです。

とはいえ会社勤めをしている人の多くは、仕事中の座っている時間を短くすることできません。また会社の備品である椅子を別のものに取り換えるわけにもいきません。

そこで注目したいのがクッションです。
クッションはただお尻が痛くならないようにするだけではありません。正しい姿勢で楽に座り続けられるように設計されたクッションを使用すれば、集中して作業が持続できるようになったり、呼吸が楽になったりするといった良い効果にもつながります。

腰痛対策には骨盤サポート形状のクッション

骨盤を左右から支える機能がついた設計のクッションなら身体を安定して支えることができるため自然に背筋が伸び、正しい姿勢を保ちやすくなります。
座り仕事や車の運転、自宅でのくつろぎの時間など長時間座るときのアイテムにぜひ取り入れてみましょう。

参考:
『一問一答! 腰痛のエビデンス』(菊地臣一 著/金原出版株式会社)
『専門医が治す! 腰痛』(三木英之・蒲田和芳 著/高橋書店)
『腰痛診療ガイドライン2019』(日本整形外科学会・日本腰痛学会 編/南江堂)
「『座りすぎ』ていませんか」(岡浩一朗・早稲田大学教授)

この記事をシェア:

EXGELオンラインストア おすすめ商品ランキング

  1. アウルカンフィ3Dプレミアム

    33,000(税抜)

  2. ハグドライブセット

    26,400(税抜)

  3. ハグカンフィプレミアム

    44,000(税抜)

  4. アウルリハミドル

    26,400(税抜)

  5. ミニプニ

    4,950(税抜)

  1. 腰痛対策 楽に座るための道具を使ってますか?