「座り」のコラム

毎日の「座り」を快適にするヒントをお届けします

腰・姿勢

腰によくない座り方をやめて腰痛改善

この記事をシェア:

腰が重い、痛いと感じる人の多くが、間違った座り方をしているのを知っていますか?
1日平均で7時間も座っている日本人は、世界でも最も長く座る国民です。そのため悪い姿勢で座り続けていると、腰が痛くなってしまう可能性が高いのです。座る時間を減らすのがなかなか難しいからこそ、良い姿勢で座ることが重要になってきます。悪い姿勢の典型例を紹介しますので、自分が日々腰に負荷をかけていないかどうかをチェックしてみてください。

腰痛のために直したい3つの姿勢

腰痛のために改善すべき代表的な姿勢を3つ紹介します。自分の座る姿勢が当てはまるのか、しっかり確認してください。

 

① 猫背姿勢

背中を丸めて座る姿勢です。パソコンやスマホなどを使うときに、頭を画面に近づけると自然に猫背姿勢になってしまいます。
また仕事に集中して前のめりになることで、猫背姿勢が続いてしまうこともあります。

猫背姿勢の悪影響は腰だけではありません。この姿勢は耳と肩のラインを比べると、頭が前にでています。そのため首や肩の筋肉で頭を後ろから引っ張るように支えています。その結果、肩こりや首のこり、頭痛などを引き起こす可能性があるのです。首の湾曲がなくなるストレートネックの原因とも言われています。

猫背姿勢を予防するための第一歩は、デスクトップのモニターの高さを上げることでしょう。モニターの下の台を置くなど工夫すれば、猫背姿勢でモニターを見る行動が矯正されやすくなります。また座ってスマホを見るときも、目線の高さまでスマホを上げてみましょう。猫背姿勢の予防になります。

背もたれのない椅子も倒れないように身体のバランスを取ろうとして猫背姿勢になりがちです。背もたれのない椅子で長時間座るのはやめましょう。またオフィスではあまりないかもしれせんが、椅子の上であぐらをかいて座ると、より猫背になってしまうので、こうした姿勢も要注意です。

 

② ずっこけ座り

お尻が背もたれより前に出て、背もたれに寄り掛かかる形で、重心が背中に置かれている座り方です。背中から腰にかけては丸くなっています。
最初、きちんと背筋を伸ばして座っていたのに、いつの間にかずっこけ座りになってしまう人も少なくありません。椅子の背にもたれかかってしまい、お尻が座面の前の方に滑ってしまうのです。どんどんお尻が前にすべってしまうと、首だけを起こして、身体は寝たような状態になってしまうケースもあります。

お尻の骨が座面に当たって痛くなり、痛いところをズラしているうちに、この体勢になってしまうケースもあります。またコンピュータのモニターの位置が低く、その高さに合わせてお尻を前に滑らせた結果、ずっこけ座りになってしまう場合もあります。

この座り方は、背骨の腰の部分に当たる腰椎のカーブを変えてしまうかもしれません。そのため椎間板ヘルニアの原因にもなりうると警鐘を鳴らす専門家もいます。また椎間板ヘルニアは、神経圧迫を起こすほど重症になるまで自覚症状がないケースもあるので、ずっこけ座りが習慣になっている人は要注意です。

ずっこけ座りを防止するためには、お尻が痛くならないクッションを敷くことです。またモニターの高さを調整したり、椅子の高さが低すぎないようにすることも、この姿勢の矯正につながります。

 

③ 足を組む

足を組むと、骨盤に均等に力がかからないため、背骨も左右に曲がってしまいます。背中や腰にも負担がかかるので、非常に問題の多い姿勢です。
では、どうして足を組みたくなってしまうのでしょうか? じつは体の重心を左右どちらかに預けているケースが多いのです。こうなると骨盤の片方だけ上がり、それにともなって足が上がってしまうのです。その不安定さを解消しようと足を組んでしまう人もいるようです。また、重心をどちらか一方に傾ける癖がある人は、足を組まなくても、頬づえをついたりすることが少なくありません。

しかし足を組む原因は重心の問題だけにとどまりません。同じ姿勢からくるだるさを解消するために、あるいは自信のなさや心を閉ざしたいという心情から足を組む人もいるからです。

さまざまな理由がありますが、椅子が低いために足を組んでしまう人もいるので、この癖が気になっているなら椅子をいつもより少し上げてみるのもいいでしょう。

腰痛や座り方は生活習慣と関係がある

このような悪い座り方の癖は、不規則な生活習慣とも関係があります。
じつは腰痛と生活習慣のかかわりについても、肥満や低体重、喫煙、飲酒、ストレスなどと関連性があるという研究結果が出ています。

こうした生活習慣一つひとつを正していくのは大変ですが、座る姿勢に関しては座る際に姿勢を正し、姿勢が崩れたときに注意すれば改善が期待できます。腰痛の改善を考えるなら、比較的、改善しやすく効果の大きい座り方を直すところから始めるのがおすすめです。

しかも最適なクッションを使えば、無理に癖を矯正しようとしなくても、クッションが正しい姿勢に導いてくれます。

最適なクッションとは、骨盤を左右から支える機能がついた設計のものです。
身体を安定して支えることができるため自然に背筋が伸び、正しい姿勢を保ちやすくなります。
正しい姿勢を保ち、体の重心の偏りが少なくなると、自然と足を組むことも減ってくるでしょう。
できるだけ足を組まずに、両足を床につけて座ることで姿勢はさらに安定します。
もちろん座る時間そのものを削減できればいいのですが、仕事などの関係でそれが難しいと感じるなら、腰痛予防と姿勢改善のために設計されたクッションの使用がおすすめです。

 

エクスジェルクッション ラインナップはこちら

参考
『肩こり・腰痛が消えて仕事がはかどる究極の座り方』(木津直昭 著/文響社)
『とっさのしぐさで本音を見抜く』(トルステン・ハーフェナー 著/サンマーク出版)
『一問一答! 腰痛のエビデンス』(菊地臣一 著/金原出版株式会社)

この記事をシェア:

EXGELオンラインストア おすすめ商品ランキング

  1. アウルカンフィ3Dプレミアム

    30,000(税抜)

    座り心地最上級!

  2. ハグドライブセット

    24,000(税抜)

    運転中の腰を守る

  3. アウルカンフィ

    14,000(税抜)

    在宅ワークに最適

  4. ハグカンフィ

    25,000(税抜)

    腰も優しくサポート

     

  5. 床プニ

    12,000(税抜)

    床座りにおすすめ

  1. 腰によくない座り方をやめて腰痛改善