「座り」のコラム

毎日の「座り」を快適にするヒントをお届けします

腰・姿勢

在宅ワークの集中力アップ!正しい座り姿勢を楽にキープできるグッズ7選

この記事をシェア:

テレワークをするようになったら、オフィスにいたときよりも腰痛や肩こりに悩まされるようになったという人はいませんか。快適な在宅ワークには、コツがあります。それは、様々なグッズを使って、自宅を仕事に適した環境に整えることです。とくに注目してほしいのが、「正しく座る」ことの効用です。良い姿勢をキープできれば、肩こりや腰痛が生じにくくなり、集中力が高まります。作業姿勢を整えてくれるクッションやパソコンスタンドなど、在宅でも生産性の高い仕事をするために便利なグッズについて紹介します。

在宅ワークは環境を整えるのが大事

国土交通省は、テレワークに関して先進的な取り組みを行っている企業にヒアリングを行った結果、テレワーク実施の際にワーカーが抱える課題として「意識」「スキル」「環境」の3つがあると整理しています。それぞれ、どのような課題があるかは、以下の通りです。

意識面の課題

  • プライベートとの区別がつかないおそれがある
  • 働きすぎる可能性がある

スキル面の課題

  • セキュリティの不安
  • コミュニケーション不足への不安

環境面の課題

  • 自宅にスペースがない
  • 自宅の通信インフラに不備がある

資料:http://www.mlit.go.jp/common/001267252.pdf

このうち、「自宅に(仕事に適した)スペースがない」という課題は、意識面やスキル面と違い、仕事環境を整えるグッズを揃えることによって改善が期待できます。

では、「仕事環境を整える」とは、具体的にどんなことでしょうか。厚生労働省では、自宅等でテレワークを行う際の作業環境整備の注意点として、以下のようなポイントを挙げています。

厚生労働省「自宅等でテレワークを行う際の作業環境整備」より抜粋・編集

しかし、自宅で上の図のような作業環境を全て整えることは難しいですよね。作業机やデスクワークに適したチェアは場所も取るので、現実的にここまで対応できる人は限られるのではないでしょうか。

テレワークのために、完璧にオフィス仕様へと部屋を生まれ変わらせる必要はありません。できる範囲でグッズを取り入れれば、ぐっと働きやすくなります。集中できる仕事環境を作るグッズをご案内します。

在宅ワークをオフィス仕様に整えるグッズ7選

チェア用クッション

日本の住環境では、自宅にオフィス向けの椅子がある人はほとんどいないでしょう。自宅のダイニングチェアであっても、座り仕事をする人のための機能性クッションを敷けば、正しい作業姿勢の維持をサポートしてくれます。注意したいのが、素材の選び方です。立ったり座ったりするときの衝撃を受け止めてくれる弾力性や、お尻を包み込んでくれる柔軟性、一点に圧がかかり続けるのを防ぐ圧力分散性に優れた素材を選びましょう。高齢者などが長時間座る車椅子用のクッションとしても使用されている、ジェル素材であれば安心して使えるでしょう。

 

床座り用クッション

床に直接座って作業をすると前かがみになり、骨盤が後傾してしまいがちです。すると腰痛の一因となる恐れがあります。クッションに座ることにより骨盤が立つため、腰痛防止につながります。適度な厚みのある床座り用のクッションを使用するのがおすすめです。

モニター

自宅でノートパソコンを使用していると、オフィスでデスクトップを使用しているときよりも視線が下がります。すると頭が前傾してしまい、首だけで頭を支えることになるので、肩こりにつながる恐れがあります。モニターを別に用意して、必要であればモニターの下に雑誌などを敷き、視線を平行に保ちましょう。前のめりではなく、頭が体の真上にあれば、体全体で重い頭を支えられます。

パソコンスタンド

自宅のテーブルにモニターを置くスペースがないという人は、パソコンスタンドを活用しましょう。角度と高さの調節ができるパソコンスタンドがあれば、目線を平行にできます。

フットレスト

椅子は、床に足の裏がつく高さが理想的です。足裏が床に届かない人は足元が不安定になり、正しい姿勢を維持しにくくなります。フットレストを使って、高さを調整しましょう。

スマホ・タブレットスタンド

ときにはスマホやタブレットをモニターがわりにオンライン会議をする機会もあるでしょう。その際、スタンドがないと、ずっとスマホを手に持って会議をする羽目になります。無理な姿勢を続けると腕や肩、腰の痛みにつながりますから、スマホ・タブレットスタンドを一つ持っておくと便利です。

リストレスト

長くパソコン作業を行うと、腕や肩が緊張し続けることで、腕の痛みや肩こりにつながることがあります。マウスを使う手元をサポートするリストレストを使えば、腕への負担を緩和させることができます。

正しい姿勢をキープして在宅ワークの生産性をアップさせよう

以上のようなグッズを活用すれば、在宅でもオフィスと同じように良い姿勢をキープして仕事に励むことができます。椅子には、クッションを活用したうえで背もたれにお尻の上部をつけるくらい深く座り、そのままグイッと上体を起こしましょう。すると骨盤が立った状態になります。さらに、頭頂部から糸が出ていて、天井からその糸で吊るされているようなイメージで背筋を伸ばせば、頭が前傾せず首のコリにつながりません。

「今は一時的にテレワークをしているけれど、そのうちまた会社での勤務に戻るから」という人もいるかもしれません。しかし、整わない環境で我慢して働いていると、生産性が下がるうえ、ストレスを抱えたり頭痛や肩こりに悩まされたりなど、心身に負担がかかる恐れがあります。

今はテレワークメインではなくても、今後、出産や子育て、介護といった環境の変化により、テレワークが必要になることがあるかもしれません。備えておいて、損はないでしょう。

エクスジェル クッション ラインナップはこちら

この記事をシェア:

EXGELオンラインストア おすすめ商品ランキング

  1. アウルカンフィ3Dプレミアム

    30,000(税抜)

    座り心地最上級!

  2. ハグドライブセット

    24,000(税抜)

    運転中の腰を守る

  3. アウルカンフィ

    14,000(税抜)

    在宅ワークに最適

  4. ハグカンフィ

    25,000(税抜)

    腰も優しくサポート

     

  5. 床プニ

    12,000(税抜)

    床座りにおすすめ

  1. 在宅ワークの集中力アップ!正しい座り姿勢を楽にキープできるグッズ7選