「座り」のコラム

毎日の「座り」を快適にするヒントをお届けします

子ども

子どもの座り姿勢はクッションで直す!食事、勉強、テレビ、ゲーム時も正しい姿勢を

この記事をシェア:

食事や勉強、テレビを見ているときなど、子どもの姿勢が気になりませんか。猫背になっていたり、ひじをついて左右どちらかに傾いていたり、じっと座っていられずもぞもぞ動いていたり。崩れた姿勢がくせにならないように、かんたんに姿勢を改善できるおすすめのクッションをお伝えします。

体力低下は姿勢の悪化につながる可能性がある

スポーツ庁が2019年に行った「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」によると、小・中学生の体力合計点が男女ともに低下しており、とくに小学生男子の数値が過去最低値をマークする結果となりました。その背景には、運動時間の減少やスクリーンタイム(一日当たりのテレビやスマートフォン、ゲーム機などによる映像の視聴時間)の増加、肥満の増加があることを、調査結果は示しています。

出典:スポーツ庁「令和元年度 全国体力・運動能力、運動習慣等調査の結果のポイントについて」

子どもの姿勢が悪い背景には、このような体力の低下や、生活環境の変化があるのではないでしょうか。体幹を支える筋肉が発達していないので長時間正しい姿勢をとることができない、長時間スマホやゲームに集中することにより姿勢が崩れてしまうといった事情が察せられます。

根本的な姿勢改善のためには、体力増強やスクリーンタイムの制限が必要になります。そして、意識して姿勢を正す習慣が必要です。しかし、勉強しているときや食事どきなど、気づいたときに「また背中が丸まっているよ」「背筋を伸ばして!」と注意はしても、子どもの座り方をじっくり見直す時間が取れていないという人が大半ではないでしょうか。

子どもの姿勢を観察してみましょう

具体的な対策を行う前に、まずは、子どもの座り姿勢をよく観察することから始めましょう。

勉強や食事の時間

大人と共通のダイニングチェアに座っている場合、次のような姿勢になっていないでしょうか。

 

  • ・じっと座っていられない
  • ・肘をついている

 

上2点が見られる場合、椅子の高さが合わず、足が床についていない可能性があります。体のバランスが取れないため、肘をついてしまうのです。

 

  • ・背もたれに背中がつかず安定しない
  • ・背もたれにだらんともたれかかっている

 

上2点が見られる場合、浅座りになってしまっている恐れがあります。深く腰かけないために上半身のバランスがとりづらく疲れてしまい、体をグラグラさせたり、もたれかかったりしてしまうのです。

テレビ、読書、ゲームをしている時

床に座ってテレビやゲームに興じているとき、次のような姿勢になっていないでしょうか。

 

  • ・背中が丸くなり、首が前に突き出したような猫背姿勢になっている

 

なぜ子どもの姿勢を正す必要があるの?

子どもの姿勢を正さなければならないのには、2つの理由があります。

 

  • ・体に悪影響を及ぼす危険がある

 

背中が丸まった姿勢を習慣づけてしまうと、肩が体の内側に入る「巻き肩」を引き起こしやすくなります。巻き肩になると、筋肉の収縮によって首や肩に負担がかかり、小学生であっても肩こりや首こりに悩まされる可能性が出てきます。また、胸部の萎縮によって呼吸が浅くなり、呼吸器疾患の原因になる恐れもあります。

 

  • ・見た目の印象の悪さにつながる

 

姿勢が悪いと、健康に弊害があるだけではなく、「行儀が悪い」「しつけがなっていない」という印象を与えてしまいます。姿勢が悪いだけで大人からマイナスの評価を受けることもあり、自己肯定感への影響も心配です。

「姿勢を直しなさい」と注意をするだけでは、なかなか効果は見られません。具体的に子どもの姿勢改善に効果のある方法として、クッションの活用があります。

クッションなら、さまざまなシーンで姿勢改善に効果的

クッションを使うと、簡単に姿勢を正すことができます。食事や勉強などで椅子に座るときも、ゲームやテレビ鑑賞などで床に座るときも、クッションを有効に活用しましょう。

 

  • ・食事、勉強など椅子に座るときは90度を意識する

 

椅子に座っているとき、子どもの姿勢が崩れてしまうなら、椅子の高さや机の高さが子どもに合っていないことが考えられます。机は、背もたれにお尻をつけた状態でまっすぐ背筋を伸ばし、腕を置いたとき肘の角度が90度になるのが理想的です。クッションを使えば、簡単に調整が可能です。椅子の高さは、子どもの足がしっかり床につくよう足置きなどで調整します。膝の角度も、90度が理想です。

  • ・床でスマートフォンなどを使う際のだらしない姿勢をクッションで正す

 

床座りでゲームやスマホを操作すると、どうしても猫背になりがちです。少し厚みのあるクッションに座ると、自然に骨盤が立ち、背筋が伸びやすくなります。

  • ・塾で長時間座っているときに姿勢が崩れてしまう際はモバイルタイプのクッションを

 

塾などでは椅子の座面が硬くてお尻が痛くなりがちです。それによって姿勢が崩れるのを避けるため、クッションを持参させましょう。持ち運びに便利で、コンパクトなタイプがおすすめです。

クッションで手軽に子どもの健康改善を

手軽に始められるクッションの活用で、子どもの毎日の姿勢改善に取り組み、健康に過ごせるようにしたいものです。姿勢を正すことができれば、健康面にも、印象面にも、そして自己肯定感にも良い影響が出ることが期待できます。

自然に子どもの姿勢を良くするコツを取り入れれば、顔を合わせるたびに「背筋をピンと!」と声がけする必要はありません。体力をつけ、スクリーンタイムを減らすなど生活環境を意識しつつ、クッションを姿勢改善の補助として取り入れましょう。

 

 

この記事をシェア:

EXGELオンラインストア おすすめ商品ランキング

  1. アウルカンフィ3Dプレミアム

    30,000(税抜)

    座り心地最上級!

  2. ハグドライブセット

    24,000(税抜)

    運転中の腰を守る

  3. アウルカンフィ

    14,000(税抜)

    在宅ワークに最適

  4. ハグカンフィ

    25,000(税抜)

    腰も優しくサポート

     

  5. 床プニ

    12,000(税抜)

    床座りにおすすめ

  1. 子どもの座り姿勢はクッションで直す!食事、勉強、テレビ、ゲーム時も正しい姿勢を